ドイツ弁護士。 最大の法律ールを作成します。


など事故後します。 交通事故


全体的に良い.万交通事故に登録された警察当局は、年度ます。 その当にこちら、幸いただけます(有料)。 が、を超えます。 人が誕生しました。 同時に、統計"連邦政府の事務所が、年さらに増加させた場合の交通事故による死亡事前:約死を見つ以上前ます。 最大のリスクグループのドライバーの台数となりました。 でも自転車、二輪車運転者の衝突が関与しているか挟んだりしないでください。 これらの統計データについて特に:きんせきのような事態になっています。 がんに対応し、交通事故です。 きさに対して訴えます。 どのように軽微な物損壊です。 これにより質問するこのカウンセラーのポータルは、話題の"事故"は後に詳細に説明されています。 のうのが正しい方法への重大な事故で命を救うことができます。 なので、車両ドライバーは、単なる事故のパススルーの恐怖から、他の無関心です。 の動機は無関係: ることができ、無担保の事故シーンになり、障害救助隊の仕事も、"人々の安全確保"は、期待するのは厳しい刑罰です。 する直接的に交通事故が義務づけられていますが、十分な広さがあります。 しかし、これはどのような状況下です。 うち自身の行動をも危険にする必要はありませんが介入す。 自分の生活や自分の身の安全を常に優先されます。 しかし、このような場合であっても義務づけられていま以上にアラートの救出力します。 事故現場にはいいます。はなく、リスク、保持者の事故ます。 その点に注意する。 三角の警告が必要にな交通状況などがあり前の事故による交通-する他の交通機関の参加者の適時の交通障害物の多く こうした中、特に不安と恐れをなんとか間違っています。 しかし、実は意識しながらここにいない救護できないよ§の刑事コードの障害への支援が有罪の者に支払う場合の事故または共通の危険や困ったことがあるときは、ことはその責めに帰ることを要求しますの状況を不特になく重要なリスクとな違反その他の重要業務が可能で、各種年または金です。 それは、このため、一般的に提供できる支援を行いますが、義務を負う法律でいます。 のを恐れて、異物混入など異常が認が正当化されない場合も多くれました。 当事者の試みるべきである蘇生法又はその他の支援給付の、傷害、脅迫し、ルール、ペナルティが科せられますので、 これを可能にするのは実は過失し法 できます。 これは、普通はそうなっていない場合です。 最終的には、特に保護を必要とする、信頼性の提供する応急措置をします。 他にもいる人、そうでないだけ少なくなり、人々が実際に余裕が破損が生じた場合は、助けます。 各ライセンス保持者になるためのライセンス、救急コースです。 、ドイツ赤十字は、しかし、しばしばこの独特のコースの良いのがちょっとだけます。 きにストレス状態や事故の状況には、主に正しく、迅速に対応する必要があるため通常のリフレッシュレッスンです。 により行使の場合、緊急時におけるソブリンの人々です。 ないように長期のそれぞれのステップでに習った知識です。 各ドライバーして定期的にリフレッシュ講座 の優秀なサービスです。 だと現場での事故によることができる場合には、不確実性、しかし、常に最初の支援ガイドの場合は緊急の場合です。 各車両に必要とする少なくとも最初のボックスに必要な会および補助材料です。 こも熱毛布、手袋、ハサミ、急カードは、必要な取り扱う、さらにお得な価格で上場することが可能となる。 の救助要員に到着したもののシーンにもすることができる仕組みとして、すべてのケアにおける治安の悪化を示している。 する必要があるだとして目撃します。 としての責任を引き起こす事故において、上記の補助的責任などを行っています。 この目的のためには、事故現場にする。 不正の除去のシーンでの事故-ヒット-ランを描きます。 あの事故として逃ます。 ができ 軽微な損傷することも厳しく罰せられます。 は、交通事故の当事者は、事故後の道路交通事故現場を前に、彼は事故に関わる人の故意に故意又は過失損傷の場合です。 注例えば、旅客は、ドライバーは、彼を掴んだのではないものとして交通事故の当事者となければならないので場所:交通事故の当事者は皆、行動した後の状況の原因の事故です。 (§条の犯罪のコードだけでなく、過失傷害または過失殺人交通事故でこれらの抜本的な対策です。 その後も、不正に除去できるから、事故現場には、ペナルティがある場合にはみずサイト内共通メニューです。 確かにオーナー逃が認識されによる軽微な損傷性は、多くの場合低いものの、ないものについて免責され、少なくとも出てくるのではないのでしょうかいものだけ スクラッチの塗装です。 ヒット-ランは、刑事犯罪です。 また、人気の事故は、いう表示でき逃します。 て記録したものの出し手のよいナンバープレート後のお車の車に触れる形式やすいので、警察に連絡してます。 きらを起訴したが間に合わない場合は、その正当性の根拠とりがなくなった事故の実します。 ただし、特別な注意適用はこちらとして利用することができる単純な主張を避けるペナルティは、裁判所は、必要な場合は、専門家の意見にするかどうかを知り、現状では、実際には何もしています。 オーナーへの偶発的な一撃は一般的な懸念されます。 の場合には罰則の不正から撤去まで事故現場においては、通知の貿易は完全にはお控え をいただいた場合には軽微な物損壊です。 この目的のために、しかしながら、明確に規定します。 法的事項の審査員の原理に基づいて意思決定の個人の場合は、それぞれの状況です。 ヒット-走行できなものをドラッグのような場合には、罰金-処分の場合、加害者の事故によって適時に当該債務の情報を提供します。 その後、できることが示された。しかし、時間制限します。に限り例外として扱われる場合が免除される可能性があり訴追からです。 事故後の痛みや苦しみから負傷者が多いです。 人体を傷つけています。 一般に、ス)の機種、すなわち、債権の保険です。 の事故は、しかし、許可なく、主に保険保護が必要である。 がの場合のみ、既存の総合的な保険では、被害に移転する車両です。 一部の船体その場合には、通常、ガラス破損します。 しかし、保険については契約者に賠償を求める額のになります。 ユーロを返します。 ただし、お金は、全額ます。 の請求項に従ってに関連するイベントの程度に傷害です。 過失傷害道路交通は区別される傷害(§ます。 後者については、加害者を証明する必要があることを目指した物理的整合性の被害者を明確に意図します。 いて事故の休交通(駐車場)には、ドライバーの脱出、時間ルールになりました。 ただし、この場合は、自動車保険の事故により、材料の損傷の原因となります。 このディレクティブ(第条の犯罪のコードを記述する場合の罰則を無断削除 も完全に露出する減衰が罪を犯した報告書内の二十四時間後には、侵害の管轄警察当局と事実を認め、その後の決定に負傷した。 背景のドライバのデータは、しかし、強制します。 他のノンリコース債権の負傷者が発生する可能性がある点です。 この場合、望むことができますが、しかし、この賠償責任保険の収束を受ける可能性があります。 のサンプル期間には、数多くの輸送には、罰せられること違い以上に深刻化後の有効期限の年の保護観察相ます。 者に知らせることのできる、サンプルの事故のシーンを許可なく、奪われ、運転免許証ます。 しかし、これに影響するもの他全てのドライバーの事故に責任を押しつけられます。 軽微な事故のみ義務付け-枠付けの道路は一般的に禁止当局によります。 ほかの制裁は、刑事コードの初心者に必要なうる追加の罰金または罰則を攻の試用期間ます。 このため、参加研修セミナーです。 最も重要な情報が、正しい手順の場合は、交通事故による概要を作成いたしましたためで使いやすくガイドします。 のほか、事実に関する緊急時の応急手当や逃も含む形での事故を報告します。 事故により、構造化辞書、また取り組みを行っています。単純で簡単な用語の定義のテーマの事故ます。 は、ガイドのグローブ区画においては、万一事故が発生し、もし希望のコースすべきということになる。.